こんにちは!伊賀・名張で、お墓のお仕事をしております石の中原です。

本日は、名張市下比奈知の永福寺様にて、お墓の工事をさせていただきました。

暖かい日が続き、お寺の墓地の桜の花も咲いております。

いよいよ春がやってきましたね。

今回のお施主様は、数年前からお墓を建てたいとたびたびご相談いただいておりましたが、この度、建墓させていただく運びとなりました。

元々の写真でございます。

代々続くお家で、古い石碑もたくさん並んでおりました。墓地の掃除やお花の準備などでお参りするのも大変ですし、石碑が古くなっていたので、ご自分の代で新しく建墓したい、とご主人様の希望がありましたので、色々なお話を伺いながらお墓のカタチを決めていきました。

たくさんあった古い石碑をまとめて、新たに五輪塔を建立いたします。五輪塔は、普通の石碑と違い、古いご先祖様をお祀りするための仏塔として建てられることが多いので、今回のお施主様のように、たくさんの古いご先祖様の石碑をまとめて新たに建墓する場合などには、とても良いこととされています。

重機を使用し、古い石碑を解体していきます。

昔のお墓は、自然石のような形のものも多く、重機で釣り上げる際には、ロープやバンドなどを使用し、慎重に作業します。

古い台石などは処分させていただき、新しい台石の上に古い石碑の仏石をまとめてまいりました。

前は、古い石碑が所狭しと並び、お墓の掃除や花生けなどとても苦労なさったと思いますが、これからは古い石碑をすべてまとめてお参りしていただけるようになりました。

古い石碑の順番なども、ご主人様と相談して作業しました。これまで長い間お参りしてこられたお墓ですので、大きさやご先祖様によってご家族の思いやこだわりなども違います。完成後にも、気持ちよくお参りしていただければと思います。

こちらは、新たな代々墓の下にできるカロート(納骨室)でございます。

お墓が建ってしまうと見えないところですが、カロートはご遺骨を埋葬していただくとても大切な場所です。

弊社はいつも、カロートには御影石を使用し、しっかりとした納骨室を作っております。

カロートの上に代々墓を建立し、横には霊標を設置しました。

さらに、古いご先祖様をお祀りするために、五輪塔も建立いたしました。

また、拝石も設置し、工事によって少なくなった砂利も追加で入れました。

とても立派なお墓が完成しました。

これからは、お施主様やご家族の負担も少なく、安心してお墓参りしていただけると思います。

引き渡しの際に、大変喜んでいただき、長年お墓のことを気にされていたお施主様にも気に入っていただけたと思い、こちらも感激しております。

周辺の掃除をし、晒し(さらし)を巻かせていただき、開眼法要の準備も整いました。

お墓が完成して開眼法要までの期間は、邪気が入らないようにということで、弊社では晒しを巻かせていただいております。

巻石を固定していたコンクリートも、年数劣化により割れてしまっていたので、少し補修させていただきました。

新たな石碑等には、福岡県産の唐原石を使用いたしました。石種に関しても、ご主人様やご家族の方でご相談し、時間をかけて決めていただきました。

本日も「大切なお墓づくり」のお手伝いができてとても感謝しております。

ありがとうございました。

 

(株)石の中原 高田
—————————————————————————

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。

フリーダイヤル 0120-24-2954

初めてお墓を建てられる方 はこちら

お墓の施工例 はこちら

永代塔・記念碑 はこちら

トップページ はこちら です