庵治石

○原産地   日本(香川県)

○吸水率   0.1~0.15%

○圧縮強度  147~155Nm㎡

 

庵治石(細目)

 

庵治石(中目)

 

庵治石は、香川県で産出される花崗岩です。日本産御影石で最高峰の石材で「花崗岩のダイヤモンド」と呼ばれています。

庵治石特有のまだらな濃淡が出ることを「斑(ふ)が浮く」と表され、希少性が高いことなどから、世界で最も高価な石として評価されています。

首相官邸や道後温泉など、数多くの建造物に使用されています。また、多くの著名人の墓石にも使われています。

 

【お墓の施工例1】

伊賀市古郡の常福寺様墓地です。

9寸の神戸型という形のお墓の芝台付きです。花立ては少しデザインされた花瓶型になっていて、正面には石製のロウソク立てを設置し、霊標もついています。

庵治石の中でも中目(ちゅうめ)といわれる石です。

 

【お墓の施工例2】

伊賀市古郡のお墓です。

9寸の神戸型の芝台付きです。文字などの着色の色が変わっていて、お施主様のおうちの家紋にちなんで「藤の花」の色にしました。(家紋が「下がり藤」のため)

建墓する方の思いのつまったお墓です。

庵治石の中目(ちゅうめ)の石です。

 

【お墓の施工例3】

兵庫県たつの市の公営霊園に建墓しました。

様々な箇所にお施主様のこだわりが詰まっています。地震対策のための特殊な造りになっていたり、巻石(外柵)の石も庵治石の色目に似たポルトガルのSPIという石を使用しています。

カロート(納骨室)にも同じ石を使用し、長い時間をかけてお施主様が考えたお墓づくりです。

お墓は、神戸型の芝台付きです。

石は庵治石の中でも、細目(こまめ)と呼ばれる世界一高価な石材として有名です。

法名碑、ローソク立て、物置石にも庵治細目石を使用しました。